ホテルサンルート彦根

〒522-0073 滋賀県彦根市旭町9-14 電話 0749-26-0123

観光案内

歴史ある国宝彦根城を誇る 城下町彦根

『彦根城』は往時の天守が現存する全国12城の一つで、国宝にも指定されています。

彦根は、多くの歴史的建造物が残っているほか、江戸時代の町並みを再現した「夢京橋キャッスルロード」などもあり、街を散策しながらそれら見どころや城下町ならではのしっとりとした情緒が楽しめます。

周辺スポット

【国宝・彦根城】

全国に現存天守12城【国宝4城・重文8城】しか存在しない、うち国宝4城に指定されている彦根城。琵琶湖を見下ろす彦根山の稜線にそびえる国宝彦根城は初代藩主井伊直政の嫡子・直継と二代藩主直孝によって約20年もの歳月をかけ1622年に完成したものです。以来、彦根藩井伊家三十五万石の居城として雄姿を現在に伝えています。三層の天守閣と二重の堀に囲まれた城郭がほぼ昔のまま残っていて、天下の名城として年中多くの観光客で賑わっています。

■交通 / JR彦根駅より徒歩10分
■拝観時間 / 8:30~17:00
■入場料 / 500円

【ひこにゃん登場スケジュール】

ひこにゃんは毎日、彦根城に登場いたします。

 

10:30〜11:00 彦根城天守前
13:30~14:00 彦根城天守前(6・7・8月以外)、彦根城博物館(冠木門)(6・7・8月)
15:00~15:30 彦根城博物館(冠木門)

 
 

■交通 / JR彦根駅より徒歩10分
■入場料 / 博物館前は無料、天守前は彦根城入場代金要

【ご城下巡回バス】

彦根城周辺を巡回する”ご城下巡回バス”。龍潭寺・彦根城・夢京橋キャッスルロード・銀座街を周回します。一日乗り放題のお得な周遊チケットで、城と湖のまち彦根を存分にお楽しみください。

■乗り場 / JR彦根駅西口(ホテル側)下車 2番のりば
■時間 / 9:00~16:30(彦根駅発)
■料金 / 1乗車 210円、1日券 300円
■運行日 / 毎土日(繁忙期運行の時あり)(12月~3月末まで運行なし)

【夢京橋キャッスルロード】

彦根城の中壕にかかる京橋から伸びる観光名所で、江戸時代の町並みの姿を細部にわたって再現した通りです。白壁と紅殻に煤を混ぜた黒格子、いぶし瓦、切妻屋根の傾斜をそろえた町並みを歩くと、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚になります。土産物屋、飲食店、テーマ館などが並び、城下町の風情を満喫することができます。

■交通 / JR彦根駅より徒歩25分

【佐和山城跡】

石田三成と居城として有名で、「治部少に過ぎたものが二つある。 島左近に佐和山の城」と云われている。
 現在の佐和山城は、全山木立に覆われて、山頂部に残る本の丸だけが整備されているだけだが、往時の佐和山城は壮大な規模を誇った城であった。佐和山城跡は、西側山麓にある龍潭寺が所有しているが、好意により無料での入山が許可されており、境内に登山口があります。

■交通 / JR彦根駅より徒歩25分
■拝観時間 / 9:00~16:00
■拝観料 / 龍潭寺拝観料400円(入山無料)

【琵琶湖】

 日本で最大の面積と貯水量を持つ琵琶湖。滋賀県の面積の6分の1を占め、流れ出る水は瀬田川・宇治川・淀川と名前を変えて、大阪湾へ至る。琵琶湖の生態系は多様で、1,000種類を超える動・植物が生息しており、鮎、シジミ、鮒、鱒など多くの地産物を産出しております。

■交通 / JR彦根駅より車5分、徒歩35分

【竹生島】

竹生島は、西国三十三所札所めぐり第三十番札所の竹生島宝厳寺(ほうごんじ)や都久夫須麻神社(竹生島神社)があり、古くから「神を斎(いつ)く島」として信仰されてきました。また、琵琶湖八景(深緑)の一つとしても数えられています。また江ノ島・宮島と並ぶ「日本三弁財天」の一つで、 その中で最も古い弁財天です。

■交通 / JR彦根駅より無料シャトルバス8分、彦根港より船40分
■乗船時間 / 9:30~14:00
■料金 / 乗船代 3,000円(往復)、入島料 400円

【多景島】

多景島(たけしま)は、琵琶湖彦根港の沖合に浮かぶ小島で、見る方向によって様々な島影を見せるため、多景島と呼ばれるようになりました。日蓮宗の見塔寺があり、井伊大老暗殺の桜田門外の変の時に鮮血をにじませたという伝説の題目岩があり「南無妙法蓮華経」の文字が刻まれています。

■交通 / JR彦根駅より無料シャトルバス8分、彦根港より船20分
■乗船時間 / (午前)彦根港10:00 ~ 多景島回遊 ~ 彦根港10:45
(午後)彦根港15:10 ~ 多景島上陸30分 ~ 彦根港16:20
■料金 / 乗船代 午前1,000円、午後1,500円

【多賀大社】

伊勢神宮の親神様 多賀大社。古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社です。延命長寿、縁結び、厄除けの霊神として信仰を集め、また、春のしだれ桜、秋の奥書院の紅葉なども見事で、近辺には彦根城や湖東三山、琵琶湖などの名所にも恵まれ、年間約170万人の参拝者を迎えています。

■交通 / JR彦根駅より近江鉄道多賀大社前17分下車徒歩すぐ

【湖東三山・西明寺】

境内に天然記念物に指定される不断桜があり、紅葉と桜を同時に楽しむことができる西明寺。湖東三山の1つで、国宝や重要文化財が数多くある境内では、例年、11月上旬から12月上旬にかけてカエデやモミジが色付く。特に、1000本近く植えられたカエデの紅葉は圧倒的です。湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)

■交通 / 彦根駅より車25分
■拝観時間 / 8:00~16:30
■入山料 / 大人600円

【湖東三山・金剛輪寺】

鎌倉期に元寇の役の戦勝記念として建立された雄大な本堂は国宝に、左上段に建つ三重塔、本堂前の二天門は重要文化財に指定されております。晩秋の深紅に染まる色鮮やかな紅葉は「血染めのもみじ」と広く知られております。観音様のやさしいお心が満ち、湖東三山一の名園古庭であり、国の名勝にも指定されております。湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)

■交通 / 彦根駅より車35分
■拝観時間 / 8:30~17:00
■入山料 / 大人600円

【湖東三山・百済寺】

重厚な石垣に覆われた『山城』の趣が漂う天台宗の寺院。
近江の最古級寺院で、今から1400年の昔、推古14年(606年)に、聖徳太子が百済人のために押立山の中腹に百済国の「龍雲寺」を模して創建された。湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)

■交通 / 彦根駅より車50分
■拝観時間 / 8:00~17:00
■入山料 / 大人600円

【長浜】

豊臣秀吉が初めて城持ち大名となって開いた城下町、長浜。江戸時代には大通寺の門前町や北国街道の宿場としても栄え、現在でもその町並みを活かした黒壁スクエアはガラス工芸を中心としたショップや工房のほか、郷土料理が楽しめるお店などが軒を連ねる人気のスポットです。
市街地の周辺には、浅井長政の居城であった小谷城跡、石田三成出生の地、姉川の合戦跡など戦国時代を駆け抜けた武将たちの足跡が残り、戦国ロマンあふれるみどころが一杯です。

■交通 / JR彦根駅より新快速22分、車20分

【近江八幡】

織田信長が築城し居城とした安土城跡や、豊臣秀次の居城八幡山城跡、近江商人の街並み、水郷めぐり、和菓子で有名な”たねや”の本店など数多くの観光名所がございます。

■交通 / JR彦根駅より新快速14分、車50分

■料金 / 安土城跡入山料 500円
八幡山城跡(ロープウェイ往復) 880円
水郷めぐり 2,100円

【三井アウトレットパーク滋賀竜王】

三井アウトレットパーク滋賀竜王は全店舗数が165店、うちアウトレットが142店舗入った三井アウトレットモール。京滋エリアでは初のアウトレット、規模的には日本第3位の 施設規模。高速道路竜王ICからのアクセスも良く、5000台の駐車場もある。

■交通 / 名神彦根ICより車25分

■営業時間 / 10:00~20:00 (ショップ)
10:00~21:00 (レストラン)

ゴルフ&宿泊プラン

【彦根カントリー倶楽部】

琵琶湖と彦根城を眼下に望むロケーション抜群のゴルフコースです。ホテルサンルート彦根よりお車で約10分とアクセスも快適です。

■彦根カントリー倶楽部 / http://www.hikone-cc.com/

※年間を通じてご利用頂けます。但し、12月31日~1月3日の期間と一部特定日は除きます。
※上記料金にはお一人様のご宿泊・ホテルでの朝食・税金・サービス料・ゴルフプレー料(1ラウンドセルフプレー)・ゴルフ場での昼食(1,000円)を含みます。
※プレースタイルは、乗車カートセルフプレーにつき、キャディ付ご希望の場合は3,240円アップ(3バッグ・4バッグの場合)となります。
キャディフィーはゴルフ場利用税とともにゴルフ場(彦根CC)にてお支払い願います。
※一組3名様以上でお申し込みください。
2名様でのご利用も可能ですが、その場合お一人様1,080円(セルフ)の割増となります。(土日は2,160円)
お客様のご都合により、何らかの事情でプレーを棄権された場合、ご返金は致しかねますので予めご了承くださいませ。